長嶋がすがった幻の逆転ホームラン

公開日: 更新日:

 80年10月21日午前7時、長嶋監督の自宅に電話をかけた記者がいた。当時、共同通信運動部記者の菅谷斉氏(現スポーツライター)だ。

 この年、巨人は早々と優勝争いから脱落。3年連続のV逸となり、激しい3位争いのシーズン後半は長嶋監督の去就が騒がしくなった。

 菅谷氏が長嶋監督に電話した前日、巨人は広島で最終戦に勝ち、勝率5割とAクラスを確保。その夜、長嶋は帰京した。当時のことを菅谷氏はこう語る。

「NHKテレビの朝7時の時報と同時に電話をかけました。すぐに長嶋監督が出たので、あっ、一睡もしていないんだな、と思いましたね」

 その電話では次のようなやりとりがあった。

「監督、解任の情報があります。事実ですか?」

「ああ、その噂なら俺も聞いてる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る