長嶋がすがった幻の逆転ホームラン

公開日: 更新日:

 80年10月21日午前7時、長嶋監督の自宅に電話をかけた記者がいた。当時、共同通信運動部記者の菅谷斉氏(現スポーツライター)だ。

 この年、巨人は早々と優勝争いから脱落。3年連続のV逸となり、激しい3位争いのシーズン後半は長嶋監督の去就が騒がしくなった。

 菅谷氏が長嶋監督に電話した前日、巨人は広島で最終戦に勝ち、勝率5割とAクラスを確保。その夜、長嶋は帰京した。当時のことを菅谷氏はこう語る。

「NHKテレビの朝7時の時報と同時に電話をかけました。すぐに長嶋監督が出たので、あっ、一睡もしていないんだな、と思いましたね」

 その電話では次のようなやりとりがあった。

「監督、解任の情報があります。事実ですか?」

「ああ、その噂なら俺も聞いてる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る