• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テニスでも八百長か イタリア2選手が40日間出場停止処分

 サッカーだけじゃない。

 イタリアのテニス連盟は11日、八百長の疑いでダニエレ・ブラッキアリ(37)とポティート・スタラーチェ(33)の男子2選手に40日間の出場停止処分を科したと発表した。この一件は、サッカーの八百長疑惑を調査する中で発覚した。八百長がバレて出場停止が40日というのも軽罰だが、テニスもサッカーと同じく、八百長疑惑、事件は少なくない。12年のD・サビッチ(セルビア)や昨年のA・クマンツォフ(ロシア)のように永久追放処分が下された者もいる。

 八百長といっても、組織から金を受け取って故意に負けるケースばかりではない。ツアー関係者がこう語る。

「ランク下位の選手が、ドロー(出場選手)が少ないダブルスで勝ち続けると、週末に始まるシングルスの予選に出られないケースが出てくる。シングルスを重視すれば、わざとダブルスを落とすこともある。故意に負けると言えば語弊があるかもしれないが、4大大会にピークを持っていくために、調整に充てる試合をつくる選手もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る