テニスでも八百長か イタリア2選手が40日間出場停止処分

公開日: 更新日:

 サッカーだけじゃない。

 イタリアのテニス連盟は11日、八百長の疑いでダニエレ・ブラッキアリ(37)とポティート・スタラーチェ(33)の男子2選手に40日間の出場停止処分を科したと発表した。この一件は、サッカーの八百長疑惑を調査する中で発覚した。八百長がバレて出場停止が40日というのも軽罰だが、テニスもサッカーと同じく、八百長疑惑、事件は少なくない。12年のD・サビッチ(セルビア)や昨年のA・クマンツォフ(ロシア)のように永久追放処分が下された者もいる。

 八百長といっても、組織から金を受け取って故意に負けるケースばかりではない。ツアー関係者がこう語る。

「ランク下位の選手が、ドロー(出場選手)が少ないダブルスで勝ち続けると、週末に始まるシングルスの予選に出られないケースが出てくる。シングルスを重視すれば、わざとダブルスを落とすこともある。故意に負けると言えば語弊があるかもしれないが、4大大会にピークを持っていくために、調整に充てる試合をつくる選手もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る