• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

亀田一家に今こそ“期待” 三男・和毅の山中慎介への「挑戦状」

 名乗りを上げるなら今しかない。

 16日に8度目の防衛戦を制した、ボクシングWBC世界バンタム級王者の山中慎介(32)。一夜明けた17日に、「正直、物足りなかった。リスクのある相手と戦いたいですね」と豪語するほど余裕しゃくしゃくの勝利だった。

 次戦は他団体との統一戦が期待されるが、ここで挑戦状を叩きつけるべきなのがWBO世界バンタム級王者の亀田和毅(23)だろう。

「亀田一家というだけでイロモノ扱いされやすいが、三男の和毅だけは本物ともっぱら。確かにパンチの威力は目を見張るものがある。亀田一家は揃って国内での試合を禁止されているが、山中との統一戦ならば特例でOKが出る可能性がある。彼ら一家にとっても、出直すきっかけになる」(ボクシング関係者)

 問題は和毅の置かれている立場だ。5月にWBAバンタム級王者のマクドネルと対戦予定だが、WBOはこれに不信感を抱いている。WBOはスーパー王者のパヤノのみをWBAバンタム級の正当な王者と見なしており、バルカッセル会長自らツイッターで「カメダがマクドネルと試合をするなら、王座を放棄することになる」と言っている。

 それでも和毅が勝てばWBAの王座は手に出来る。再び亀田家の名を上げる気があるなら、マクドネルを倒した後で山中に挑んでみてはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る