亀田一家に今こそ“期待” 三男・和毅の山中慎介への「挑戦状」

公開日: 更新日:

 名乗りを上げるなら今しかない。

 16日に8度目の防衛戦を制した、ボクシングWBC世界バンタム級王者の山中慎介(32)。一夜明けた17日に、「正直、物足りなかった。リスクのある相手と戦いたいですね」と豪語するほど余裕しゃくしゃくの勝利だった。

 次戦は他団体との統一戦が期待されるが、ここで挑戦状を叩きつけるべきなのがWBO世界バンタム級王者の亀田和毅(23)だろう。

「亀田一家というだけでイロモノ扱いされやすいが、三男の和毅だけは本物ともっぱら。確かにパンチの威力は目を見張るものがある。亀田一家は揃って国内での試合を禁止されているが、山中との統一戦ならば特例でOKが出る可能性がある。彼ら一家にとっても、出直すきっかけになる」(ボクシング関係者)

 問題は和毅の置かれている立場だ。5月にWBAバンタム級王者のマクドネルと対戦予定だが、WBOはこれに不信感を抱いている。WBOはスーパー王者のパヤノのみをWBAバンタム級の正当な王者と見なしており、バルカッセル会長自らツイッターで「カメダがマクドネルと試合をするなら、王座を放棄することになる」と言っている。

 それでも和毅が勝てばWBAの王座は手に出来る。再び亀田家の名を上げる気があるなら、マクドネルを倒した後で山中に挑んでみてはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る