亀田一家に今こそ“期待” 三男・和毅の山中慎介への「挑戦状」

公開日:  更新日:

 名乗りを上げるなら今しかない。

 16日に8度目の防衛戦を制した、ボクシングWBC世界バンタム級王者の山中慎介(32)。一夜明けた17日に、「正直、物足りなかった。リスクのある相手と戦いたいですね」と豪語するほど余裕しゃくしゃくの勝利だった。

 次戦は他団体との統一戦が期待されるが、ここで挑戦状を叩きつけるべきなのがWBO世界バンタム級王者の亀田和毅(23)だろう。

「亀田一家というだけでイロモノ扱いされやすいが、三男の和毅だけは本物ともっぱら。確かにパンチの威力は目を見張るものがある。亀田一家は揃って国内での試合を禁止されているが、山中との統一戦ならば特例でOKが出る可能性がある。彼ら一家にとっても、出直すきっかけになる」(ボクシング関係者)

 問題は和毅の置かれている立場だ。5月にWBAバンタム級王者のマクドネルと対戦予定だが、WBOはこれに不信感を抱いている。WBOはスーパー王者のパヤノのみをWBAバンタム級の正当な王者と見なしており、バルカッセル会長自らツイッターで「カメダがマクドネルと試合をするなら、王座を放棄することになる」と言っている。

 それでも和毅が勝てばWBAの王座は手に出来る。再び亀田家の名を上げる気があるなら、マクドネルを倒した後で山中に挑んでみてはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る