亀田一家に今こそ“期待” 三男・和毅の山中慎介への「挑戦状」

公開日:  更新日:

 名乗りを上げるなら今しかない。

 16日に8度目の防衛戦を制した、ボクシングWBC世界バンタム級王者の山中慎介(32)。一夜明けた17日に、「正直、物足りなかった。リスクのある相手と戦いたいですね」と豪語するほど余裕しゃくしゃくの勝利だった。

 次戦は他団体との統一戦が期待されるが、ここで挑戦状を叩きつけるべきなのがWBO世界バンタム級王者の亀田和毅(23)だろう。

「亀田一家というだけでイロモノ扱いされやすいが、三男の和毅だけは本物ともっぱら。確かにパンチの威力は目を見張るものがある。亀田一家は揃って国内での試合を禁止されているが、山中との統一戦ならば特例でOKが出る可能性がある。彼ら一家にとっても、出直すきっかけになる」(ボクシング関係者)

 問題は和毅の置かれている立場だ。5月にWBAバンタム級王者のマクドネルと対戦予定だが、WBOはこれに不信感を抱いている。WBOはスーパー王者のパヤノのみをWBAバンタム級の正当な王者と見なしており、バルカッセル会長自らツイッターで「カメダがマクドネルと試合をするなら、王座を放棄することになる」と言っている。

 それでも和毅が勝てばWBAの王座は手に出来る。再び亀田家の名を上げる気があるなら、マクドネルを倒した後で山中に挑んでみてはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る