今度は相手が減量失敗 ファンも「亀田兄弟のまともな試合が見たい」

公開日:  更新日:

 亀田一家の行くところ、常に“疑惑”が付きまとう。3日に大阪で行われるボクシングのトリプル世界戦。2日の計量で、関係者をア然とさせる出来事が起きた。

 IBF(国際ボクシング連盟)スーパーフライ級王者の亀田大毅(24)の対戦相手、WBA(世界ボクシング協会)の同級王者リボリオ・ソリス(31=ベネズエラ)が制限体重の52.1キロを1.4キロもオーバー。1時間後の計量でも1.1キロ重い53.2キロだった。

 するとソリスは「カネでも何でも払ってやるぜ!」と叫び、ペットボトルの水を一気飲み。自販機でも炭酸ジュースを買い込み、ヤケクソのようにがぶ飲みした。「日本の寒さでこれ以上汗をかけないから体重を落とせない」と居直った。

 試合は行われるものの、ソリスは計量オーバーのため、WBAの王座を剥奪された。大毅が勝った場合は統一王者となり、負ければ両団体の王座が空位になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る