日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今度は相手が減量失敗 ファンも「亀田兄弟のまともな試合が見たい」

 亀田一家の行くところ、常に“疑惑”が付きまとう。3日に大阪で行われるボクシングのトリプル世界戦。2日の計量で、関係者をア然とさせる出来事が起きた。

 IBF(国際ボクシング連盟)スーパーフライ級王者の亀田大毅(24)の対戦相手、WBA(世界ボクシング協会)の同級王者リボリオ・ソリス(31=ベネズエラ)が制限体重の52.1キロを1.4キロもオーバー。1時間後の計量でも1.1キロ重い53.2キロだった。

 するとソリスは「カネでも何でも払ってやるぜ!」と叫び、ペットボトルの水を一気飲み。自販機でも炭酸ジュースを買い込み、ヤケクソのようにがぶ飲みした。「日本の寒さでこれ以上汗をかけないから体重を落とせない」と居直った。

 試合は行われるものの、ソリスは計量オーバーのため、WBAの王座を剥奪された。大毅が勝った場合は統一王者となり、負ければ両団体の王座が空位になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事