亀田興毅がセレブ化? 伊ミラノでのパーティー写真を公開

公開日: 更新日:

 ライセンスを失って日本でボクシングができなくなっているものの、世界ボクシング協会(WBA)からバンタム級王座を8度防衛した功績を称えるスーパーチャンピオンベルトを贈られたことを10日に発表した、元3階級世界王者・亀田興毅(28)。

 米国の代理人アル・ヘイモン氏と契約し、来年はラスベガスで3兄弟同時世界戦を実現するなどと壮大なプランをぶち上げたが、一部で妙な評判が飛び交っている。

「なんだか興毅が“セレブ化”している」というのだ。

 米国進出の準備に追われる様子や近況が語られている興毅のオフィシャルブログ「今」を覗いてみると、確かに納得する部分はある。

 12月9日には〈最高の思い出〉と題し、イタリアのミラノで高級時計ブランドメーカー「GaGaMILANO」の10周年パーティーに、次男の亀田大毅(25)と参加したことを得意気につづっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る