亀田興毅がセレブ化? 伊ミラノでのパーティー写真を公開

公開日:  更新日:

 ライセンスを失って日本でボクシングができなくなっているものの、世界ボクシング協会(WBA)からバンタム級王座を8度防衛した功績を称えるスーパーチャンピオンベルトを贈られたことを10日に発表した、元3階級世界王者・亀田興毅(28)。

 米国の代理人アル・ヘイモン氏と契約し、来年はラスベガスで3兄弟同時世界戦を実現するなどと壮大なプランをぶち上げたが、一部で妙な評判が飛び交っている。

「なんだか興毅が“セレブ化”している」というのだ。

 米国進出の準備に追われる様子や近況が語られている興毅のオフィシャルブログ「今」を覗いてみると、確かに納得する部分はある。

 12月9日には〈最高の思い出〉と題し、イタリアのミラノで高級時計ブランドメーカー「GaGaMILANO」の10周年パーティーに、次男の亀田大毅(25)と参加したことを得意気につづっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る