亀田興毅がセレブ化? 伊ミラノでのパーティー写真を公開

公開日:  更新日:

 ライセンスを失って日本でボクシングができなくなっているものの、世界ボクシング協会(WBA)からバンタム級王座を8度防衛した功績を称えるスーパーチャンピオンベルトを贈られたことを10日に発表した、元3階級世界王者・亀田興毅(28)。

 米国の代理人アル・ヘイモン氏と契約し、来年はラスベガスで3兄弟同時世界戦を実現するなどと壮大なプランをぶち上げたが、一部で妙な評判が飛び交っている。

「なんだか興毅が“セレブ化”している」というのだ。

 米国進出の準備に追われる様子や近況が語られている興毅のオフィシャルブログ「今」を覗いてみると、確かに納得する部分はある。

 12月9日には〈最高の思い出〉と題し、イタリアのミラノで高級時計ブランドメーカー「GaGaMILANO」の10周年パーティーに、次男の亀田大毅(25)と参加したことを得意気につづっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る