田沢が“早朝出勤”で好救援 レッドソックスは地区首位浮上

公開日: 更新日:

 剛腕セットアッパーが好調だ。

 レッドソックス・田沢純一(28)が20日(日本時間21日)のオリオールズ戦に登板。六回から2番手でマウンドに上がり、1回3分の1を1安打1奪三振無失点。最速94マイルのストレート主体の投球でオリオールズの強力打線を封じ、これで開幕から6戦連続無失点と好救援を続けている。試合は七回降雨コールドゲームとなり、チームはア・リーグ東地区の単独首位に浮上した。

 この日は同じ市内で恒例のボストン・マラソンが行われ、試合開始は11時5分。朝から降り続いた雨のため、1時間42分遅れで試合開始となったが、レッドソックスナインは8時すぎからウオーミングアップを行うなど早朝出勤を強いられた。

 この時期の早朝ゲームは恒例行事とはいえ、メジャーを代表するセットアッパーがきっちりと仕事をこなした。

▽田沢のコメント
「雨でボールが滑ったけど無失点に抑えたのは良かった。足場が悪かったので、厳しかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る