6回まで完全の阪神岩田 7回に崩れた理由を「達成者」が解説

公開日:  更新日:

 やっぱり奇跡は起きなかった。

 阪神岩田は昨21日のDeNA戦に先発。六回までは抜群の制球で相手打者をあっさり料理。本人も完全試合を意識し始めたであろう七回を迎えると、先頭の石川を2ストライクと追い込みながら3球目に死球を与えて大記録の夢は消えた。この死球で気落ちしたのか、中軸3人に連打を浴びて2失点で降板。阪神は八回に3番手福原が同点弾を浴びるも、九回にゴメスが勝ち越しの2点適時打を放って勝った。

 この試合をテレビで観戦していたのが、東映(現日ハム)時代の1971年(対西鉄戦)に完全試合を達成した高橋善正氏。記録を逃した左腕についてこう語った。

「岩田はパワー系の投手ではない。キレがあってコントロールがいい日によく好投する。この日がまさにそうだったが、石川の死球で緊張が緩み、梶谷の左前打で気持ちが切れたのだろう。それまで完全できても、七回というのは打者にとっては3巡目の対戦で目が慣れてくるし、投手は疲れと記録を意識して制球を乱す頃。やられるならこの回だと思って見ていましたよ。完全試合というのは、相手打者にとっては打てそうな投手がよく達成する。私の時も、遊びで覚えたスライダーを西鉄の打者が早打ちしてくれたんです。三振1つに球数86球だったことを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る