最下位オリ糸井が吐露した「打撃不振の原因」と「主将の重圧」

公開日:  更新日:

「自分でも原因がまったく分からなくて。去年のビデオを何度も見返しながら、いろいろ考え、試して、またビデオを見ての繰り返し。今になって思えば、(首位打者になって迎えた)今年は長打を増やそうと、キャンプからロングティーを多くやって、打球を飛ばそうと意識し過ぎたのかもしれません。体が反り返って、スイングも大きくなってしまっていました」

 チームもどん底。オフに30億円の大補強を敢行し、優勝候補の最右翼と目されながら開幕17試合で2勝14敗1分けとつまずきました。

「今季から自分が主将になって、この結果ですから。そりゃ、責任を感じてますし、肩書がプレッシャーにもなりました」

■選手ミーティングでチームを救ったひと言とは?

 それも打撃不振の一因でしょう。連敗中には、遠征先の宿舎で選手だけのミーティングを招集。思っていることを言い合おうと、一人一人に意見を求めるということもやったそうです。そこで糸井自身はこう言ったといいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る