阪神連敗止めるも “外様”ばかり活躍でチームに新陳代謝なし

公開日:  更新日:

 13日に阪神の西岡剛(30)が海外FA権(9年)を取得した。今季はチームトップの打率.281をマーク。レギュラーの成績が落ち込む中で存在感を発揮し、早くもチーム周辺では「今季で3年契約が切れるが、坂井オーナーが開幕前、キーマンに指名していますからね。FA権を行使すれば、高年俸を用意して必死に引き留めるんじゃないか」との声も聞かれる。

 この日のヤクルト戦でチームトップとなる4号本塁打を放った福留も3年契約の最終年だが、こちらも再契約の可能性が高いともっぱらである。

 2人が目立つということは、裏を返せば、生え抜きの中に彼らを脅かす存在がいないということでもある。今季、阪神のオーダーは捕手と中堅以外はほぼ固定。

 これは一見、理想的な形のように見えるが、チーム打率.230はリーグワースト、112得点もリーグ5位。レギュラー勢の多くが不調に陥っていることが、最下位に低迷する原因となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る