• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無傷の6勝 スケールアップした日ハム大谷にセ球団戦々恐々

 もう誰も止められない――。

 右足ふくらはぎが頻繁につるため、一軍登板から遠ざかっていた日本ハムの大谷翔平(20)が昨14日の西武戦に先発。圧巻の投球を披露した。

 先月26日のオリックス戦以来の登板。試合前は不安の声も上がっていたが、初回から150キロ超えの直球とキレのあるスライダー、フォークで西武打線を圧倒すると、八回までに計10奪三振をマーク。九回に四球と三塁打で1点を許し、先月4日のオリックス戦から続いていた連続イニング無失点こそ「36」で途切れたものの、九回途中5安打11奪三振で6連勝と休養前よりさらに迫力が増した。

 こうなると戦々恐々なのが、今月26日から始まる交流戦で大谷と対戦する可能性があるセ・リーグの各球団だ。14日現在、チーム打率.267で「パ最強打線」の西武ですら、この日の大谷には全く歯が立たなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る