• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無傷の6勝 スケールアップした日ハム大谷にセ球団戦々恐々

 もう誰も止められない――。

 右足ふくらはぎが頻繁につるため、一軍登板から遠ざかっていた日本ハムの大谷翔平(20)が昨14日の西武戦に先発。圧巻の投球を披露した。

 先月26日のオリックス戦以来の登板。試合前は不安の声も上がっていたが、初回から150キロ超えの直球とキレのあるスライダー、フォークで西武打線を圧倒すると、八回までに計10奪三振をマーク。九回に四球と三塁打で1点を許し、先月4日のオリックス戦から続いていた連続イニング無失点こそ「36」で途切れたものの、九回途中5安打11奪三振で6連勝と休養前よりさらに迫力が増した。

 こうなると戦々恐々なのが、今月26日から始まる交流戦で大谷と対戦する可能性があるセ・リーグの各球団だ。14日現在、チーム打率.267で「パ最強打線」の西武ですら、この日の大谷には全く歯が立たなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る