リハビリどころか体幹強化 ハム大谷は力を増して戦列復帰か

公開日:  更新日:

 開幕5試合で2度もふくらはぎがつった。通算で5回も同じ症状が出ているのだから、外野がクビをひねるのももっともかもしれない。

 大谷翔平(20=日本ハム)の「つり癖」はしかし、さほど深刻なものではない。筋肉が痙攣しているところに負荷をかけ、肉離れにつながるのを未然に防ぐ。投げようと思えば投げられるのに、首脳陣と本人があえてブレーキを踏んで登板を1度、飛ばしたという。

 まだ、エースが無理をする時期ではない。ペナントレースが佳境に入る以前に蓄積疲労を取り除き、鍛えるべき場所を鍛える。

 日本ハムのあるOBに言わせると、今回の大谷の離脱は「ミニキャンプの意味合いが強い」という。

「試合を休んで静養に充てる一方、かなりハードなトレーニングをこなしていた。主に体幹を強化したというのです。投打の二刀流を続けるシーズン中は、やることが多くてなかなかトレーニングに時間を割けない。戦列を離れた今回は、みっちり体を鍛え直せたと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る