• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リハビリどころか体幹強化 ハム大谷は力を増して戦列復帰か

 開幕5試合で2度もふくらはぎがつった。通算で5回も同じ症状が出ているのだから、外野がクビをひねるのももっともかもしれない。

 大谷翔平(20=日本ハム)の「つり癖」はしかし、さほど深刻なものではない。筋肉が痙攣しているところに負荷をかけ、肉離れにつながるのを未然に防ぐ。投げようと思えば投げられるのに、首脳陣と本人があえてブレーキを踏んで登板を1度、飛ばしたという。

 まだ、エースが無理をする時期ではない。ペナントレースが佳境に入る以前に蓄積疲労を取り除き、鍛えるべき場所を鍛える。

 日本ハムのあるOBに言わせると、今回の大谷の離脱は「ミニキャンプの意味合いが強い」という。

「試合を休んで静養に充てる一方、かなりハードなトレーニングをこなしていた。主に体幹を強化したというのです。投打の二刀流を続けるシーズン中は、やることが多くてなかなかトレーニングに時間を割けない。戦列を離れた今回は、みっちり体を鍛え直せたと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る