リハビリどころか体幹強化 ハム大谷は力を増して戦列復帰か

公開日:  更新日:

 開幕5試合で2度もふくらはぎがつった。通算で5回も同じ症状が出ているのだから、外野がクビをひねるのももっともかもしれない。

 大谷翔平(20=日本ハム)の「つり癖」はしかし、さほど深刻なものではない。筋肉が痙攣しているところに負荷をかけ、肉離れにつながるのを未然に防ぐ。投げようと思えば投げられるのに、首脳陣と本人があえてブレーキを踏んで登板を1度、飛ばしたという。

 まだ、エースが無理をする時期ではない。ペナントレースが佳境に入る以前に蓄積疲労を取り除き、鍛えるべき場所を鍛える。

 日本ハムのあるOBに言わせると、今回の大谷の離脱は「ミニキャンプの意味合いが強い」という。

「試合を休んで静養に充てる一方、かなりハードなトレーニングをこなしていた。主に体幹を強化したというのです。投打の二刀流を続けるシーズン中は、やることが多くてなかなかトレーニングに時間を割けない。戦列を離れた今回は、みっちり体を鍛え直せたと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る