• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

依然マイペース調整…SB松坂の「二軍生活」はまだまだ続く

 それにしても長い道のりだ。

 20日の二軍戦(オリックス)で、約2カ月ぶりに投げたのがソフトバンクの松坂(34)だ。六回に2番手として登板するも、先頭打者の堤にいきなり三塁打。続く岩崎に犠飛を許し、わずか5球で1点を失った。七回は安打を打たれながら無失点に抑え、2回2安打1失点。一時は負け投手の可能性があったのを、ロートルの松中のソロに助けてもらうオマケ付きだった。

 それでも本人は、「とりあえず、普通に投げられたので一安心」と言うのだからマイペース調整は変わらず。次回は24日の二軍戦が予定されているものの、この調子では一軍復帰が来季まで延びたとしてもおかしくない。

 実戦登板のチャンスを奪われる若手投手陣にしてみればたまったもんじゃないが、幸い一軍は首位。いまだフォームに不安のある松坂は、むしろ二軍でおとなしくしてもらっていた方が首脳陣にとっても安心だ。

 鳴り物入りで入団した3年12億円右腕も、チーム内ではすっかり腫れ物かお荷物か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る