6点リードでスクイズ…ソフトBが中日に“奇襲”仕掛けた狙い

公開日: 更新日:

「そこまでやるか」という奇襲で中日を叩きのめした。

 ソフトバンクは序盤に中日先発の八木を打ち込み、二回までに6-0。その後、両軍ゼロ行進が続き、七回、ソフトバンクの攻撃時に「事件」は起きた。1死一、三塁の場面で、試合途中から出場していた福田が、まさかのスクイズを成功させた。

 いくら中盤で点が取れなかったとはいえ、6点差の終盤にスクイズ。これには竜党も怒り心頭、ナゴヤドームが怒号で包まれた。

 大差でのバントは確かに非難されても仕方のない行為ではある。しかし、今季からの交流戦に限ってはそうではない。昨季までの交流戦はホーム、ビジターで2戦ずつ。敵地で連敗しても仕切り直しが出来た。今季からは1年ごとにホーム、ビジターが変わる3連戦。これが戦い方を大きく変えた。あるパ球団のスコアラーが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  8. 8

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る