“伏兵”川島の一発で首位浮上 ソフトB支えるブ厚い「選手層」

公開日:  更新日:

 ソフトバンクが17日、伏兵の一発で今季初のリーグ首位に浮上した。

 主役は昨季途中、ヤクルトからトレードで移籍してきた川島慶三(31)だ。0-0で迎えた五回1死の第2打席。西武の先発・郭のチェンジアップをとらえた打球は今季からヤフオクドームの旧外野フェンス前に新設された「ホームランテラス」に吸い込まれた。本人にとって2シーズンぶりの本塁打は決勝弾になった。

「ホームランは出来すぎ。でも、いつファームに行けと言われるかもしれないので。必死でやってます」(川島)

 4月12日の日本ハム戦で正二塁手の本多が右足首を捻挫。代役として川島が一軍昇格した。選手層の厚いソフトバンクで二軍選手が一軍昇格できるのは主力のケガ以外ほぼない。いくら二軍で好成績を残してもチャンスすらもらえない。そんな事情から、他球団の控え選手とは違い、複数ポジションをこなすのは当たり前。川島はその典型例で、本業の二遊間はもちろん、捕手を除いたほとんど全てのポジションを守れるようにして有事に備えていた。

 昨季までソフトバンクの育成選手だった中日の亀沢恭平(26)が今季、レギュラーとして活躍しているように、ソフトバンクの二軍には他球団なら即一軍クラスの選手がゴロゴロいる。ここまでモタモタしていたのが不思議だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る