• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“伏兵”川島の一発で首位浮上 ソフトB支えるブ厚い「選手層」

 ソフトバンクが17日、伏兵の一発で今季初のリーグ首位に浮上した。

 主役は昨季途中、ヤクルトからトレードで移籍してきた川島慶三(31)だ。0-0で迎えた五回1死の第2打席。西武の先発・郭のチェンジアップをとらえた打球は今季からヤフオクドームの旧外野フェンス前に新設された「ホームランテラス」に吸い込まれた。本人にとって2シーズンぶりの本塁打は決勝弾になった。

「ホームランは出来すぎ。でも、いつファームに行けと言われるかもしれないので。必死でやってます」(川島)

 4月12日の日本ハム戦で正二塁手の本多が右足首を捻挫。代役として川島が一軍昇格した。選手層の厚いソフトバンクで二軍選手が一軍昇格できるのは主力のケガ以外ほぼない。いくら二軍で好成績を残してもチャンスすらもらえない。そんな事情から、他球団の控え選手とは違い、複数ポジションをこなすのは当たり前。川島はその典型例で、本業の二遊間はもちろん、捕手を除いたほとんど全てのポジションを守れるようにして有事に備えていた。

 昨季までソフトバンクの育成選手だった中日の亀沢恭平(26)が今季、レギュラーとして活躍しているように、ソフトバンクの二軍には他球団なら即一軍クラスの選手がゴロゴロいる。ここまでモタモタしていたのが不思議だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る