• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元プロボクサー江口勝昭さんが初めて語る「伝説の兄弟対決」

 93年6月、日本プロボクシング史上、「最も痛々しい試合」が行われた。日本ストロー級王座決定戦、江口九州男・勝昭兄弟による“兄弟・同門”対決である。同じボクシングジムに所属する血を分けた兄と弟がリングの上で殴り合ったのだ。弟の勝昭さん(44)がこの一戦を振り返る。

「ランキング上位だった兄の九州男が王座決定戦に出場するのは決まってて、プロモートするジム側としては話題をつくって盛り上げたかったんでしょうね。対戦相手として、ランクインしたばかりのボクの名前がウワサに挙がった。ボクはジムにやりたくない、と何度も頼んだし、兄貴も同じ気持ちだったと思います。さすがに対戦させないだろう、と言ってましたし。ところが、ボクの方が再三にわたるジムの要請に押し切られてしまったんです」

 JR大塚駅に近い角海老宝石ジムで会った江口勝昭さん、遠くを見るような目でこう言った。同ジムはかつて江口兄弟が所属していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

もっと見る