日本男子ツアー凋落 伝統の「中日クラウンズ」は“AON”頼み

公開日:  更新日:

【中日クラウンズ】(愛知・名古屋GC和合C=6545ヤード・パー70)

 男子ツアー今季2戦目は、名古屋の名門コースを舞台に56年も続く名物大会だ。以前ならメジャーチャンピオンが招待されて試合は大いに盛り上がった。ところが、今では青木功(72)、尾崎将司(68)、中嶋常幸(60)のAONが2年ぶりに3人そろって出場することが話題になるくらい。青木と尾崎は今大会で5勝を挙げているが、青木が最後に勝ったのは1980年で、尾崎は1997年だから遠い昔の話である。ちなみに中嶋は一度も勝ったことがない。

 5年前には石川遼(23)が最終日、ギネス記録となる58を出すなど、クラブやボールの進化でコースはやさしくなっている。

 大会前には、72歳の青木が2オーバー、68歳の尾崎は2アンダーでエージシュートを達成すると、メディアがこぞって取り上げたが、何とも不毛なニュースだ。誰が勝つかより、ロートルプロが話題になるのだから、寂しい限りである。ゴルフ雑誌に数多くのイラストを描き、長年男子ツアーを見てきた画家の山野辺進氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る