日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

KKドラフトのシナリオは二頭取りだった

 1985年、PL学園の桑田・清原の指名を巡るドラフトは各方面に多大な影響を与えた。清原1位指名だったはずの巨人が、土壇場で早大進学表明の桑田を単独1位指名。桑田は前言を撤回し巨人入り。6球団から指名を受けた清原との入団交渉権を得たのは西武だったが、清原は会見で涙を見せた。直後から「疑惑」「密約」の活字がマスコミを賑わせた。巨人の内部では一体、何があったのか。当時、広報部長だった若林敏夫氏が振り返る。

「二頭取りだったんですよ」

 1985年11月20日のドラフト会議からしばらくして、巨人の若林敏夫広報部長は伊藤菊雄スカウト(当時)からこう言われた。

 同年のドラフトの目玉はPL学園の桑田真澄と清原和博。投打の中心としてともに甲子園で活躍。清原は早くからプロ志望を表明していたが、桑田は早大進学を公にしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事