KKドラフトのシナリオは二頭取りだった

公開日:  更新日:

 1985年、PL学園の桑田・清原の指名を巡るドラフトは各方面に多大な影響を与えた。清原1位指名だったはずの巨人が、土壇場で早大進学表明の桑田を単独1位指名。桑田は前言を撤回し巨人入り。6球団から指名を受けた清原との入団交渉権を得たのは西武だったが、清原は会見で涙を見せた。直後から「疑惑」「密約」の活字がマスコミを賑わせた。巨人の内部では一体、何があったのか。当時、広報部長だった若林敏夫氏が振り返る。

「二頭取りだったんですよ」

 1985年11月20日のドラフト会議からしばらくして、巨人の若林敏夫広報部長は伊藤菊雄スカウト(当時)からこう言われた。

 同年のドラフトの目玉はPL学園の桑田真澄と清原和博。投打の中心としてともに甲子園で活躍。清原は早くからプロ志望を表明していたが、桑田は早大進学を公にしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る