• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長嶋の横浜大洋監督就任を潰したのは財界の大物だった

 長嶋監督が「男のけじめ」といって退団したのは、巨人が3年連続V逸となる3位に終わった1980年。93年に巨人に復帰するまで、他球団でユニホームを着るチャンスは何度かあった。84年オフの大洋(現DeNA)入りもそのひとつだ。長嶋本人もその気になり、就任会見のシナリオまでできていたのだが、土壇場になって潰れてしまった。なぜか……。

「長嶋(茂雄)が来るよ」

 大洋は1984年8月14日から名古屋で中日と3連戦を戦った。当時、共同通信名古屋支社の運動部デスクだった菅谷斉氏(現スポーツライター)はその時、大洋の関根(潤三)監督にこうささやかれ、すぐにピンときたという。

「話は3年前にさかのぼります。81年シーズン、土井(淳)監督率いる大洋は開幕から低迷し、親会社の大洋漁業(現マルハニチロ)と球団はシーズン途中から次期監督を探し始めた。そして白羽の矢を立てたのが、巨人を退団して1年目の長嶋さんだったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る