• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元阪神球団社長が明かした2004年「1リーグ構想」の“内幕”

 2004年、球界は揺れに揺れた。近鉄とオリックスが合併したことを契機に、リーグ再編騒動が勃発。巨人の渡辺オーナーが1リーグ制の旗振り役となって、球界を牽引しようとした。これに真っ向から異を唱えたのが阪神の野﨑勝義球団社長だ。6月末、セ・リーグの理事長を務めていた阪神の連盟担当役員が関連会社に出向。後を引き継いだ野﨑社長は1リーグ制自体にメリットがないことや、議論が1リーグ制ありきで進んでいることを問題視して2リーグ制維持に尽力した。以下は野﨑勝義氏が明かした球界再編騒動の裏側だ。

 6月21日の実行委員会で近鉄とオリックスの合併が承認されると、球界は一気に1リーグ制に向けて動き出した。

 7月7日のオーナー会議で、西武の堤オーナーが「もうワンペア、合併がある」と発言。渡辺オーナーは8~10球団への削減と、1リーグへの移行が望ましいと主張、球界を引っ張ろうとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る