クロマティ語る野球人生最初で最後の「甲子園3連発ショー」

公開日: 更新日:

「伝統の一戦」と呼ばれる戦いには忘れられないシーンがいくつかある。昭和60年4月17日、甲子園球場で阪神のクリーンアップが放ったバックスクリーンへの3連発もそのひとつだろう。後に伝説となる3者連続アーチを目の前で見送った元巨人のウォーレン・クロマティが当時を振り返る。

 クロマティの先制2ランなどで巨人が3-1で主導権を握っていたゲームは七回、阪神が2死一、二塁のチャンスを迎えた。ここで打率.133と不振の3番・バースが打席に向かった。バースは真ん中に甘く入ってきたシュートを強振すると、打球はライナーでバックスクリーンに吸い込まれた。一塁ベースを回った直後に右手を高々と突き上げ、被弾の槙原はセンター方向を見ながらマウンド上にしゃがみ込んだ。

「3本のホームランの中で唯一捕れる気がした打球だった。フェンスに体を寄せて思い切りジャンプしたが届かなかったな。バースは、巨人戦で本塁打を打つと、いつもオレのほうを見て、いたずらっぽくニヤッと笑うんだ。あのときもそうだった。オレは表情は変えなかった。やられた方だからな。このときは逆転3ランだから、チクショー、やりやがったな、と思ったもんさ。それにしてもスタンドの盛り上がりはすごかったな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る