クロマティ語る野球人生最初で最後の「甲子園3連発ショー」

公開日: 更新日:

「伝統の一戦」と呼ばれる戦いには忘れられないシーンがいくつかある。昭和60年4月17日、甲子園球場で阪神のクリーンアップが放ったバックスクリーンへの3連発もそのひとつだろう。後に伝説となる3者連続アーチを目の前で見送った元巨人のウォーレン・クロマティが当時を振り返る。

 クロマティの先制2ランなどで巨人が3-1で主導権を握っていたゲームは七回、阪神が2死一、二塁のチャンスを迎えた。ここで打率.133と不振の3番・バースが打席に向かった。バースは真ん中に甘く入ってきたシュートを強振すると、打球はライナーでバックスクリーンに吸い込まれた。一塁ベースを回った直後に右手を高々と突き上げ、被弾の槙原はセンター方向を見ながらマウンド上にしゃがみ込んだ。

「3本のホームランの中で唯一捕れる気がした打球だった。フェンスに体を寄せて思い切りジャンプしたが届かなかったな。バースは、巨人戦で本塁打を打つと、いつもオレのほうを見て、いたずらっぽくニヤッと笑うんだ。あのときもそうだった。オレは表情は変えなかった。やられた方だからな。このときは逆転3ランだから、チクショー、やりやがったな、と思ったもんさ。それにしてもスタンドの盛り上がりはすごかったな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る