• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クロマティ語る野球人生最初で最後の「甲子園3連発ショー」

「伝統の一戦」と呼ばれる戦いには忘れられないシーンがいくつかある。昭和60年4月17日、甲子園球場で阪神のクリーンアップが放ったバックスクリーンへの3連発もそのひとつだろう。後に伝説となる3者連続アーチを目の前で見送った元巨人のウォーレン・クロマティが当時を振り返る。

 クロマティの先制2ランなどで巨人が3-1で主導権を握っていたゲームは七回、阪神が2死一、二塁のチャンスを迎えた。ここで打率.133と不振の3番・バースが打席に向かった。バースは真ん中に甘く入ってきたシュートを強振すると、打球はライナーでバックスクリーンに吸い込まれた。一塁ベースを回った直後に右手を高々と突き上げ、被弾の槙原はセンター方向を見ながらマウンド上にしゃがみ込んだ。

「3本のホームランの中で唯一捕れる気がした打球だった。フェンスに体を寄せて思い切りジャンプしたが届かなかったな。バースは、巨人戦で本塁打を打つと、いつもオレのほうを見て、いたずらっぽくニヤッと笑うんだ。あのときもそうだった。オレは表情は変えなかった。やられた方だからな。このときは逆転3ランだから、チクショー、やりやがったな、と思ったもんさ。それにしてもスタンドの盛り上がりはすごかったな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る