カネまみれのサッカー界 王国ブラジルの大物にも捜査のメス

公開日:  更新日:

 サッカー界の大スキャンダルに急展開である。

 日本時間3日未明になって、国際サッカー連盟(FIFA)がスイスのチューリヒで緊急会見を開き、ゼップ・ブラッター会長(79=スイス)が辞意を表明したのだ。同会長は、FIFA幹部による巨額贈収賄事件に揺れる中、5月29日の総会で5選を果たし、疑惑解明と組織改革に意欲を見せたばかりだった。

「会長選は終わったが、FIFAが向き合っている問題は終わらない。徹底的な見直しが必要だ」

 同会長はそう話したが、急転直下、そうもいかなくなったようだ。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版が2日、米司法当局が、ブラッター会長も捜査対象に含めていると報道した。不正問題を捜査しているFBIとスイス捜査当局の起訴状などにブラッター氏の名前はまだ挙がっていないが、電子版によると、「ブラッター氏の立件に向け、起訴したFIFA幹部らの協力を得たい」と複数の捜査当局筋が話したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る