日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“金満”FIFA窮地 脱税の元理事「司法取引」で巨大汚職発覚

 14人が総額約185億円の違法行為と贈収賄で起訴され、一大スキャンダルへと発展しそうな国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件だが、きっかけはなんと元理事の脱税だったというからびっくりだ。

 2011年にチャック・ブレイザー元理事(66)が巨額の脱税容疑で米司法当局に摘発され、司法取引でFIFAの汚職を洗いざらいぶちまけたのだ。しかも、同氏はおとりになって、この4年間、FIFAの主要な関係者との会談を隠しマイクで録音。これで米司法省は、動かぬ証拠をつかむことができたというわけだ。

 ブレイザー氏はもともと北中米カリブ連盟の資金約17億円を横領、90日間の活動停止処分を受けるなど、いわく付きの人物。ところが同氏はがんで余命が長くないと分かり、司法当局に全面協力となったようだ。

 現地27日(日本時間28日)、米ブルックリン連邦地検は会見で、事件の経緯や起訴内容などを記載した分厚いファイルを報道陣に配布。10年南ア大会開催で南ア側から、FIFAの元副会長側に約12億円の賄賂が渡った疑いなど、具体的なケースが明らかにされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事