• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブラッター氏FIFA会長5選 日本が“体制刷新”訴えない理由

 バラマキ政治の勝利ということか。

 現職副会長などの汚職事件に揺れる国際サッカー連盟(FIFA)は29日、総会(スイス)を開き会長選挙を実施。5選を目指す現職のブラッター会長(79)と、ヨルダンのアリ・フセイン王子(39=現副会長)の一騎打ちは、1回目の投票でブラッター氏133票、アリ王子73票。両候補とも全体の3分の2の票を獲得できず、過半数の得票で当選が決まる2度目の投票に持ち越されたが、アリ王子が辞退し、ブラッター現会長が勝利した。

 それにしても今回の会長選の結果に日本は胸を撫で下ろしたのではないか。

 欧州サッカー連盟のプラティニ会長は総会前日、ブラッター会長に辞任を迫り、イングランドサッカー協会のグレッグ・ダイク会長も18年W杯ロシア大会をボイコットする可能性を示唆したと地元紙が報じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る