ブラッター5選に激怒 “W杯ボイコット”言い出すUEFAの思惑

公開日:  更新日:

 そんなことできるのか。

 国際サッカー連盟(FIFA)の会長選は、フセイン王子(39=ヨルダン)が2回目の投票前に棄権し、現職のブラッター会長(79=スイス)が5選を果たした。

 だが、FIFAが本部を置くスイスなど各国の捜査当局は、W杯18年ロシア大会、22年カタール大会の招致疑惑について捜査をすでに開始している。ブラッター会長は、南アフリカで開催された10年W杯に絡み、元副会長と共謀して1000万ドル(約12億円)を受け取った疑惑もある。31日付の英紙サンデー・タイムズは今回の汚職事件で、スイス検察当局がブラッター会長を聴取する方針と報じた。

 現体制に反発し、改革を求める欧州サッカー連盟(UEFA)は、FIFAからの離脱やW杯をボイコットする可能性も示唆。UEFAのプラティニ会長は「FIFAからの脱退はしたくないが、我々は民主的に決める。あらゆる方策がある」と強気だ。6月6日に行われる欧州連盟の会合(ベルリン)で、FIFA脱退やW杯ボイコットを決めるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る