ブラッター5選に激怒 “W杯ボイコット”言い出すUEFAの思惑

公開日:  更新日:

 そんなことできるのか。

 国際サッカー連盟(FIFA)の会長選は、フセイン王子(39=ヨルダン)が2回目の投票前に棄権し、現職のブラッター会長(79=スイス)が5選を果たした。

 だが、FIFAが本部を置くスイスなど各国の捜査当局は、W杯18年ロシア大会、22年カタール大会の招致疑惑について捜査をすでに開始している。ブラッター会長は、南アフリカで開催された10年W杯に絡み、元副会長と共謀して1000万ドル(約12億円)を受け取った疑惑もある。31日付の英紙サンデー・タイムズは今回の汚職事件で、スイス検察当局がブラッター会長を聴取する方針と報じた。

 現体制に反発し、改革を求める欧州サッカー連盟(UEFA)は、FIFAからの離脱やW杯をボイコットする可能性も示唆。UEFAのプラティニ会長は「FIFAからの脱退はしたくないが、我々は民主的に決める。あらゆる方策がある」と強気だ。6月6日に行われる欧州連盟の会合(ベルリン)で、FIFA脱退やW杯ボイコットを決めるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る