ヤンキース田中が4勝目 粘りの投球が実り味方打線も爆発

公開日: 更新日:

 メジャーにはケタ違いの打者がいる。

 高めクソボールや低めのワンバウンドしそうな球をスタンドに放り込んだりもする。投手がそれなりに良い球を投げようとお構いなし。規格外の技術とパワーを持ち合わせている。

 ヤンキースの田中将大(26)が9日(日本時間10日)のナショナルズ戦で20号ソロを浴びたハーパー(22)も、そんな規格外の打者のひとりだ。

 ヤンキースが先制した直後の四回2死。田中にしてみれば一発だけは避けなければならない場面で、1ボールからの2球目、真ん中低め150キロのストレートを中堅やや左に放り込まれた。構えたミットよりやや内側に入ったとはいえ、決して悪い球ではなかった。

 一発を浴びた田中はマウンド上で、あの球をあそこまで運ぶのかとボー然。しきりにクビをひねっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る