• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サブ組が期待応えた 川澄&菅沢の活躍でなでしこ決勝T進出

 みんな心の中ではそう思っているのだろう。

 女子W杯で連覇を目指す女子日本代表(FIFAランク4位)が12日(日本時間13日)、1次リーグC組第2戦でカメルーン(同53位)と対戦し、2-1で降した。C組2位以内を確定し、16強による決勝トーナメント進出を決めた。

 16日(日本時間17日)には、エクアドルと戦うが、今後に向けて気になるのは、初戦のスイス戦で左足首を骨折して無念の離脱となった安藤梢(32)の代役だ。

 戦列を離れた安藤は、優勝した前大会はFWで全6試合に先発出場。現在は、体格が大きく、あたりも強いドイツ1部リーグのフランクフルトに所属し、先月は女子CLで優勝。欧州の頂点に立った。

 カメルーン戦で先制点をアシストしたMF川澄奈穂美(29)、2点目を決めたFW菅沢優衣香(24)らが今後、世界と伍してきた安藤の穴をどこまで埋められるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る