日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サブ組が期待応えた 川澄&菅沢の活躍でなでしこ決勝T進出

 みんな心の中ではそう思っているのだろう。

 女子W杯で連覇を目指す女子日本代表(FIFAランク4位)が12日(日本時間13日)、1次リーグC組第2戦でカメルーン(同53位)と対戦し、2-1で降した。C組2位以内を確定し、16強による決勝トーナメント進出を決めた。

 16日(日本時間17日)には、エクアドルと戦うが、今後に向けて気になるのは、初戦のスイス戦で左足首を骨折して無念の離脱となった安藤梢(32)の代役だ。

 戦列を離れた安藤は、優勝した前大会はFWで全6試合に先発出場。現在は、体格が大きく、あたりも強いドイツ1部リーグのフランクフルトに所属し、先月は女子CLで優勝。欧州の頂点に立った。

 カメルーン戦で先制点をアシストしたMF川澄奈穂美(29)、2点目を決めたFW菅沢優衣香(24)らが今後、世界と伍してきた安藤の穴をどこまで埋められるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事