日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リリーフ陣ボロボロの広島 現実味おびる「投手コーチ交代」

 テコ入れの引き金となりそうだ。

 交流戦を9勝9敗で終えた広島。交流戦全体でこそ7位だが、セに限れば2位。リーグ最下位ながら、首位巨人と4.5ゲームと差を縮めた。

 その一方で悪化の一途をたどっているのが投手陣だ。交流戦前は2.83だったチーム防御率が、現在は3.15。交流戦の同3.98は12球団中9位だ。この日(14日)も先発の福井が四回途中7失点と打ち込まれ、パとの戦いを経て投手陣がいよいよボロボロになってきた。

 中でも目を覆わんばかりなのがリリーフ陣。競った場面で頼りになる中継ぎに乏しく、35敗中13敗が彼らの黒星だ。先発ローテの大瀬良をリリーフに回す奥の手も効果なく、2試合で4失点。配置転換成功どころか、ますます自信を喪失させてしまった。やることなすこと裏目に出ているのだから、打つ手もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事