本拠地連敗ストップの広島 黒田登板でも“3万人割れ”の原因

公開日:  更新日:

 広島の黒田博樹(40)が5日の楽天戦に先発。7回4安打無失点の好投で今季5勝目を飾り、5月23日のヤクルト戦から続いていた本拠地での連敗も「7」で止めた。

「(相手を)0点に抑えてこういう形で勝ててよかった」とは試合後の黒田。2週間ぶりとなった本拠地勝利に、黒田だけでなく、球団関係者にも安堵の表情が浮かんでいたが、喜んでばかりはいられない。この日は黒田登板日だったにもかかわらず、観衆が3万人を割り込んでしまったからだ。

 2年連続でCSに進出した昨年は球団史上最高の190万4781人の観客動員数を記録。黒田が復帰した今季は開幕前に年間指定席が初めて完売した。5月までの観客動員は昨年を上回るペースだったが、この日は週末の金曜日で黒田登板日だったにもかかわらず、観衆は2万8228人どまり。

 いつもなら真っ赤に染まるはずの三塁側後方や左翼席には空席が目立ち、「黒田登板+金曜日」という同条件だった先月22日のヤクルト戦の観衆(3万2228人)と比較しても4000人減だった。先月24日を最後に、これで6試合連続で観衆が3万人を割っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る