日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本拠地連敗ストップの広島 黒田登板でも“3万人割れ”の原因

 広島の黒田博樹(40)が5日の楽天戦に先発。7回4安打無失点の好投で今季5勝目を飾り、5月23日のヤクルト戦から続いていた本拠地での連敗も「7」で止めた。

「(相手を)0点に抑えてこういう形で勝ててよかった」とは試合後の黒田。2週間ぶりとなった本拠地勝利に、黒田だけでなく、球団関係者にも安堵の表情が浮かんでいたが、喜んでばかりはいられない。この日は黒田登板日だったにもかかわらず、観衆が3万人を割り込んでしまったからだ。

 2年連続でCSに進出した昨年は球団史上最高の190万4781人の観客動員数を記録。黒田が復帰した今季は開幕前に年間指定席が初めて完売した。5月までの観客動員は昨年を上回るペースだったが、この日は週末の金曜日で黒田登板日だったにもかかわらず、観衆は2万8228人どまり。

 いつもなら真っ赤に染まるはずの三塁側後方や左翼席には空席が目立ち、「黒田登板+金曜日」という同条件だった先月22日のヤクルト戦の観衆(3万2228人)と比較しても4000人減だった。先月24日を最後に、これで6試合連続で観衆が3万人を割っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事