本拠地連敗ストップの広島 黒田登板でも“3万人割れ”の原因

公開日:  更新日:

 広島の黒田博樹(40)が5日の楽天戦に先発。7回4安打無失点の好投で今季5勝目を飾り、5月23日のヤクルト戦から続いていた本拠地での連敗も「7」で止めた。

「(相手を)0点に抑えてこういう形で勝ててよかった」とは試合後の黒田。2週間ぶりとなった本拠地勝利に、黒田だけでなく、球団関係者にも安堵の表情が浮かんでいたが、喜んでばかりはいられない。この日は黒田登板日だったにもかかわらず、観衆が3万人を割り込んでしまったからだ。

 2年連続でCSに進出した昨年は球団史上最高の190万4781人の観客動員数を記録。黒田が復帰した今季は開幕前に年間指定席が初めて完売した。5月までの観客動員は昨年を上回るペースだったが、この日は週末の金曜日で黒田登板日だったにもかかわらず、観衆は2万8228人どまり。

 いつもなら真っ赤に染まるはずの三塁側後方や左翼席には空席が目立ち、「黒田登板+金曜日」という同条件だった先月22日のヤクルト戦の観衆(3万2228人)と比較しても4000人減だった。先月24日を最後に、これで6試合連続で観衆が3万人を割っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る