本拠地連敗ストップの広島 黒田登板でも“3万人割れ”の原因

公開日: 更新日:

 広島黒田博樹(40)が5日の楽天戦に先発。7回4安打無失点の好投で今季5勝目を飾り、5月23日のヤクルト戦から続いていた本拠地での連敗も「7」で止めた。

「(相手を)0点に抑えてこういう形で勝ててよかった」とは試合後の黒田。2週間ぶりとなった本拠地勝利に、黒田だけでなく、球団関係者にも安堵の表情が浮かんでいたが、喜んでばかりはいられない。この日は黒田登板日だったにもかかわらず、観衆が3万人を割り込んでしまったからだ。

 2年連続でCSに進出した昨年は球団史上最高の190万4781人の観客動員数を記録。黒田が復帰した今季は開幕前に年間指定席が初めて完売した。5月までの観客動員は昨年を上回るペースだったが、この日は週末の金曜日で黒田登板日だったにもかかわらず、観衆は2万8228人どまり。

 いつもなら真っ赤に染まるはずの三塁側後方や左翼席には空席が目立ち、「黒田登板+金曜日」という同条件だった先月22日のヤクルト戦の観衆(3万2228人)と比較しても4000人減だった。先月24日を最後に、これで6試合連続で観衆が3万人を割っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い