• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投打噛み合い広島黒田6勝目 報われないマエケンは心境複雑

 12日、広島の黒田(40)がソフトバンクの強力打線を相手に8回無失点の好投。打線もこれに応えて9安打6点と奮闘し、黒田は今季6勝目(2敗)を手にした。広島は6月に入ってからこの日の試合前まで3勝6敗。チーム状態が上向かない中、さすがは「20億円を蹴った男」の面目躍如といったところだ。

 しかし、エースの前田(27)からすれば、手放しでは喜べまい。黒田の防御率2.61を上回る2.01ながら、4勝5敗。好投したかと思えば味方の貧打に泣かされ、後を託した中継ぎには試合をひっくり返されることがしばしば。それが黒田が投げれば「男気」だ何だとムードが高まり、歯車が噛み合ってしまうのだから、前田としては「なんでオレの時は……」という気持ちだろう。

 防御率以外でも、両者の成績には差が出ている。12試合で89回3分の1、3完投の前田に対して、黒田は11試合で72回3分の1、完投はゼロ。どちらが優れた先発かは言うまでもない。

「粘り強く投げていれば、こういう展開になると思った」

 と試合後に淡々と振り返った黒田。プロといえど人の子、力投しても報われない前田の気持ちがキレないか心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る