投打噛み合い広島黒田6勝目 報われないマエケンは心境複雑

公開日: 更新日:

 12日、広島の黒田(40)がソフトバンクの強力打線を相手に8回無失点の好投。打線もこれに応えて9安打6点と奮闘し、黒田は今季6勝目(2敗)を手にした。広島は6月に入ってからこの日の試合前まで3勝6敗。チーム状態が上向かない中、さすがは「20億円を蹴った男」の面目躍如といったところだ。

 しかし、エースの前田(27)からすれば、手放しでは喜べまい。黒田の防御率2.61を上回る2.01ながら、4勝5敗。好投したかと思えば味方の貧打に泣かされ、後を託した中継ぎには試合をひっくり返されることがしばしば。それが黒田が投げれば「男気」だ何だとムードが高まり、歯車が噛み合ってしまうのだから、前田としては「なんでオレの時は……」という気持ちだろう。

 防御率以外でも、両者の成績には差が出ている。12試合で89回3分の1、3完投の前田に対して、黒田は11試合で72回3分の1、完投はゼロ。どちらが優れた先発かは言うまでもない。

「粘り強く投げていれば、こういう展開になると思った」

 と試合後に淡々と振り返った黒田。プロといえど人の子、力投しても報われない前田の気持ちがキレないか心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る