日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投打噛み合い広島黒田6勝目 報われないマエケンは心境複雑

 12日、広島の黒田(40)がソフトバンクの強力打線を相手に8回無失点の好投。打線もこれに応えて9安打6点と奮闘し、黒田は今季6勝目(2敗)を手にした。広島は6月に入ってからこの日の試合前まで3勝6敗。チーム状態が上向かない中、さすがは「20億円を蹴った男」の面目躍如といったところだ。

 しかし、エースの前田(27)からすれば、手放しでは喜べまい。黒田の防御率2.61を上回る2.01ながら、4勝5敗。好投したかと思えば味方の貧打に泣かされ、後を託した中継ぎには試合をひっくり返されることがしばしば。それが黒田が投げれば「男気」だ何だとムードが高まり、歯車が噛み合ってしまうのだから、前田としては「なんでオレの時は……」という気持ちだろう。

 防御率以外でも、両者の成績には差が出ている。12試合で89回3分の1、3完投の前田に対して、黒田は11試合で72回3分の1、完投はゼロ。どちらが優れた先発かは言うまでもない。

「粘り強く投げていれば、こういう展開になると思った」

 と試合後に淡々と振り返った黒田。プロといえど人の子、力投しても報われない前田の気持ちがキレないか心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事