投打噛み合い広島黒田6勝目 報われないマエケンは心境複雑

公開日:  更新日:

 12日、広島の黒田(40)がソフトバンクの強力打線を相手に8回無失点の好投。打線もこれに応えて9安打6点と奮闘し、黒田は今季6勝目(2敗)を手にした。広島は6月に入ってからこの日の試合前まで3勝6敗。チーム状態が上向かない中、さすがは「20億円を蹴った男」の面目躍如といったところだ。

 しかし、エースの前田(27)からすれば、手放しでは喜べまい。黒田の防御率2.61を上回る2.01ながら、4勝5敗。好投したかと思えば味方の貧打に泣かされ、後を託した中継ぎには試合をひっくり返されることがしばしば。それが黒田が投げれば「男気」だ何だとムードが高まり、歯車が噛み合ってしまうのだから、前田としては「なんでオレの時は……」という気持ちだろう。

 防御率以外でも、両者の成績には差が出ている。12試合で89回3分の1、3完投の前田に対して、黒田は11試合で72回3分の1、完投はゼロ。どちらが優れた先発かは言うまでもない。

「粘り強く投げていれば、こういう展開になると思った」

 と試合後に淡々と振り返った黒田。プロといえど人の子、力投しても報われない前田の気持ちがキレないか心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る