救援“配転”大瀬良の足まで引っ張る広島野手陣の体たらく

公開日:  更新日:

 野手はおもしろくないのだろうか。

 10日、リリーフに転向した広島の大瀬良(23)が西武戦の2点リードの七回に登板。バックに何度も足を引っ張られた。
 
 まずは七回1死から秋山のゴロを捕った一塁・新井が、ベースカバーに入った大瀬良に悪送球。新井は続く栗山の一ゴロも後逸(記録はいずれも安打)。それでもこの回は何とか無失点で切り抜けたものの、八回無死二塁では左翼・鈴木誠が何でもない飛球をポトリとやって二塁打に。1点差に迫られると、なおも1死一、二塁から捕手・会沢のパスボールで再び一、三塁のピンチ。脇谷に同点タイムリーを浴びた。

 広島はシーズン開幕直後から救援陣が崩壊。4敗の一岡は二軍落ちも、守護神・中崎が防御率4点台で4敗。左腕の戸田も3点台。ヒース2敗に永川1敗……これが要因となり最下位に低迷している。そこで昨年の新人王右腕の大瀬良をリリーフに回したのだが、いきなりバックのミスで失点した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る