「身長あきらめた」…パ新人王候補・オリ西野の“小兵の矜持”

公開日:  更新日:

 低迷するチーム内で開幕から一人奮闘を続けているのがこの新人野手、オリックスの西野真弘(24)。ドラフト7位入団も、春季キャンプ中からたくみなバットさばきと鉄壁の守備で首脳陣の評価が急上昇。5日現在、打率.316で、早くもパ・リーグの新人王候補に挙がっている。

 チーム内で最も低い、身長167センチ。プロ野球界でもひときわ体格が小さい。

「父(実さん=53)は身長173センチぐらいですが、母(尚子さん=53)が155センチに満たない。それがボクに遺伝してしまったのかもしれませんね」(西野)

 小学生の頃は少しでも身長が伸びるよう、牛乳を連日ガブ飲み。1日1リットル以上を飲んだこともあったという。中学時代は地元の強豪「浦安リトルシニア」でプレー、学校の部活はバスケットボール部。これも身長を伸ばすための選択だったが、「全く効果がなかったのでその時点で身長はあきらめました(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る