「身長あきらめた」…パ新人王候補・オリ西野の“小兵の矜持”

公開日:  更新日:

 低迷するチーム内で開幕から一人奮闘を続けているのがこの新人野手、オリックスの西野真弘(24)。ドラフト7位入団も、春季キャンプ中からたくみなバットさばきと鉄壁の守備で首脳陣の評価が急上昇。5日現在、打率.316で、早くもパ・リーグの新人王候補に挙がっている。

 チーム内で最も低い、身長167センチ。プロ野球界でもひときわ体格が小さい。

「父(実さん=53)は身長173センチぐらいですが、母(尚子さん=53)が155センチに満たない。それがボクに遺伝してしまったのかもしれませんね」(西野)

 小学生の頃は少しでも身長が伸びるよう、牛乳を連日ガブ飲み。1日1リットル以上を飲んだこともあったという。中学時代は地元の強豪「浦安リトルシニア」でプレー、学校の部活はバスケットボール部。これも身長を伸ばすための選択だったが、「全く効果がなかったのでその時点で身長はあきらめました(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る