リオ五輪で復活のゴルフ “異例”の全米OPで加速する「再除外」

公開日:  更新日:

 全米オープン最終日(米・ワシントン州チェンバーズベイGC・7384ヤード・パー70)。4人が4アンダーの首位からスタートした混戦を制したのは、通算5アンダーのJ・スピース(21)。4月のマスターズに続き、史上最年少のメジャー連勝となった。3オーバー、19位発進の松山英樹(23)は、この日もスコアを伸ばせず通算3オーバー、18位タイで終わった。

 殺伐とした荒野に河川敷みたいなボコボコグリーン。ひどいコースに全選手が四苦八苦し、多くの選手がコース批判を口にして幕を閉じた異例の大会は今後、主催する全米ゴルフ協会(USGA)が「株を下げた」ということだけでは終わりそうもない。

 今年は世界的なゴルフ人口の激減に危機感を持つUSGAが、伝統的な名門コースとは異なる新設のパブリックコースで開催。注目と話題性で競技普及を促進させようとの狙いがあったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る