リオ五輪で復活のゴルフ “異例”の全米OPで加速する「再除外」

公開日:  更新日:

 全米オープン最終日(米・ワシントン州チェンバーズベイGC・7384ヤード・パー70)。4人が4アンダーの首位からスタートした混戦を制したのは、通算5アンダーのJ・スピース(21)。4月のマスターズに続き、史上最年少のメジャー連勝となった。3オーバー、19位発進の松山英樹(23)は、この日もスコアを伸ばせず通算3オーバー、18位タイで終わった。

 殺伐とした荒野に河川敷みたいなボコボコグリーン。ひどいコースに全選手が四苦八苦し、多くの選手がコース批判を口にして幕を閉じた異例の大会は今後、主催する全米ゴルフ協会(USGA)が「株を下げた」ということだけでは終わりそうもない。

 今年は世界的なゴルフ人口の激減に危機感を持つUSGAが、伝統的な名門コースとは異なる新設のパブリックコースで開催。注目と話題性で競技普及を促進させようとの狙いがあったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る