小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

東海大相模V率80% ノーシード横浜は20%の軌跡狙う

公開日: 更新日:

 3番手はノーシードながら私が昨夏まで在籍した横浜。2年生主体のチームで1回戦からの登場になるが、左右2投手のメドが立った。藤平尚真(2年)は右の本格派。故障が癒え、143~144キロは出るようになってきた。左の石川達也(2年)は135キロ前後で球にキレがある。序盤から対戦相手に好投手がいる組み合わせだが、春日井静斗(3年)が投げながらいかにコールド勝ちを増やせるか。

 勝ち進めば4回戦で第1シードと激突。春の県大会準優勝、昨秋も4強入りしている相模原だ。ここの佐相監督は県内で5本の指に入る名指導者とみている。県立の進学校ながら毎年いいチームをつくると思っていた。主戦投手もいい。横浜にとって最初の関門となる。

 第1シード4校中2校が公立というのが今大会の特徴。私学優勢の時代が変わりつつあるのかもしれない。川崎市立の橘は投打の柱がしっかりしている。組み合わせに恵まれているため、ベスト4までは進みたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る