• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山英樹の「今季国内初戦」 優勝賞金“最安”大会に決めたワケ

 米ツアーに参戦中の松山英樹(23)が、7月23日開幕の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」(グランディ那須白河GC)に出場することが決まった。

 松山は「東日本大震災の大変な状況の中、福島をはじめ東北の方々は快くマスターズに送り出してくれました。アマチュアの時も、プロに転向しPGAツアーで戦うようになっても、僕にできることはないかと考えていました。昨年PGAツアーで優勝することができ、上位で頑張れるようにもなり、ぜひとも福島の皆さまや日本の皆さまに少しは成長した自分のプレーを見ていただきたいと今回出場を決めました」とコメントした。

 松山が国内ツアーに出場するのは、優勝した昨年のダンロップフェニックス以来。今大会の主催者も同じ企業だ。優勝賞金は1000万円と国内ツアーでは最も低額だが、用品使用契約を結んでいるスポンサーが主催する大会なので「恩返し」が一番の理由とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る