松山英樹の「今季国内初戦」 優勝賞金“最安”大会に決めたワケ

公開日:  更新日:

 米ツアーに参戦中の松山英樹(23)が、7月23日開幕の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」(グランディ那須白河GC)に出場することが決まった。

 松山は「東日本大震災の大変な状況の中、福島をはじめ東北の方々は快くマスターズに送り出してくれました。アマチュアの時も、プロに転向しPGAツアーで戦うようになっても、僕にできることはないかと考えていました。昨年PGAツアーで優勝することができ、上位で頑張れるようにもなり、ぜひとも福島の皆さまや日本の皆さまに少しは成長した自分のプレーを見ていただきたいと今回出場を決めました」とコメントした。

 松山が国内ツアーに出場するのは、優勝した昨年のダンロップフェニックス以来。今大会の主催者も同じ企業だ。優勝賞金は1000万円と国内ツアーでは最も低額だが、用品使用契約を結んでいるスポンサーが主催する大会なので「恩返し」が一番の理由とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る