松山英樹の「今季国内初戦」 優勝賞金“最安”大会に決めたワケ

公開日: 更新日:

 米ツアーに参戦中の松山英樹(23)が、7月23日開幕の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」(グランディ那須白河GC)に出場することが決まった。

 松山は「東日本大震災の大変な状況の中、福島をはじめ東北の方々は快くマスターズに送り出してくれました。アマチュアの時も、プロに転向しPGAツアーで戦うようになっても、僕にできることはないかと考えていました。昨年PGAツアーで優勝することができ、上位で頑張れるようにもなり、ぜひとも福島の皆さまや日本の皆さまに少しは成長した自分のプレーを見ていただきたいと今回出場を決めました」とコメントした。

 松山が国内ツアーに出場するのは、優勝した昨年のダンロップフェニックス以来。今大会の主催者も同じ企業だ。優勝賞金は1000万円と国内ツアーでは最も低額だが、用品使用契約を結んでいるスポンサーが主催する大会なので「恩返し」が一番の理由とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る