メジャーの薬物禍を暴露した元強打者ホセ・カンセコは今…

公開日: 更新日:

――体の小さい日本人選手がメジャーでプレーするためには何が必要だと思いますか。

「今の野球を見ているととても国際的だよね。だから体格の違いは以前ほどではない。以前は確かにアメリカ人選手はとても大きく、まるでアメフト選手のようだった。昔はそうだったけど、今は違う。それに昔は薬物の使用もあったからね。アメリカはパワーを重視しがちだけど、僕が日本に行った時に見たのはヒットエンドランも多くて技術的な野球だった。投手もとてもよい変化球を投げた。日本の野球の技術はアメリカで通用するし、実際に通用した選手もいる」

■「誰でも間違いは犯す」

――特に野手がメジャーでやっていくために薬物以外に必要なことは何でしょうか。

「今は薬物はもちろんだめだよ(笑い)。とにかく安定して打つことが大事。シーズン通してやれる一貫性が打者には必要だ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る