ロッテ清田育宏 大学投手時代の“制球難”で打者の才能が開花

公開日: 更新日:

 シーズン開幕直後は控えも、5月に入ると1番に定着。月間40安打を記録して、一気にブレークしたロッテの清田育宏(29=外野手、6年目)今月9日まで23試合連続安打もマーク。21日現在リーグ3位の打率(.345)でチームを牽引している。

■ミートポイント変更で打撃不振に

 プロ入り直後に打撃コーチの指導で打席内でのミートポイントを変更。ホームプレートより前でボールをとらえる「前さばき」から、ボールをギリギリまで引きつける打撃を試みた。しかし、このタイミングの取り方が合わず、2年目以降打撃不振に。一昨年ごろから再びミートポイントを前に戻したところ、徐々に復調した。

「ボールを引きつける打法に取り組んで一時は苦しみましたけど、今はやってよかったと思っています。打席内で一つのポイントでしか打てないより、いろいろなポイントで打てた方が緩急や変化球に対応できる。以前は2ストライクに追い込まれると、早い見切り(前さばき)で凡打が多かったのですが、今はギリギリまでボールを見ることもできる。この感覚が成績につながっているのかもしれません」(本人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る