ロッテ清田育宏 大学投手時代の“制球難”で打者の才能が開花

公開日: 更新日:

 シーズン開幕直後は控えも、5月に入ると1番に定着。月間40安打を記録して、一気にブレークしたロッテの清田育宏(29=外野手、6年目)今月9日まで23試合連続安打もマーク。21日現在リーグ3位の打率(.345)でチームを牽引している。

■ミートポイント変更で打撃不振に

 プロ入り直後に打撃コーチの指導で打席内でのミートポイントを変更。ホームプレートより前でボールをとらえる「前さばき」から、ボールをギリギリまで引きつける打撃を試みた。しかし、このタイミングの取り方が合わず、2年目以降打撃不振に。一昨年ごろから再びミートポイントを前に戻したところ、徐々に復調した。

「ボールを引きつける打法に取り組んで一時は苦しみましたけど、今はやってよかったと思っています。打席内で一つのポイントでしか打てないより、いろいろなポイントで打てた方が緩急や変化球に対応できる。以前は2ストライクに追い込まれると、早い見切り(前さばき)で凡打が多かったのですが、今はギリギリまでボールを見ることもできる。この感覚が成績につながっているのかもしれません」(本人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  4. 4

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  5. 5

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  6. 6

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  7. 7

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

  10. 10

    ファンほど違和感 「まだ結婚できない男」がくすぶる要因

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る