• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

嶋も骨折で楽天は“野戦病院” デーブ監督「現役復帰」あるか

「本当に今いるメンバーでやっていくしかない」

 楽天の大久保監督(48)が力なく言った。

 17日に正捕手嶋の左第7肋骨骨折が判明。13日の中日戦でファウルボールがわき腹に直撃し、当初は打撲と思われていた。それがまさかの骨折で、全治4~6週間だ。ただでさえ、2番手捕手の伊志嶺が12日に右足内転筋部分断裂で離脱。支配下の捕手は12球団最少の5人だっただけに、3番手以下の小関、小山に加え、慌てて高卒3年目の下妻を昇格させたほどだ。二軍にはもう昨オフに育成契約したベネズエラ人のセゴビアしかいない。

 ケガ人が捕手だけならまだ救いようもあったが、すでに主力の銀次が左足のケガで前半戦絶望。右手有鉤骨骨折を手術した枡田は全治2~3カ月と診断された。どこもかしこもケガ人だらけ、野戦病院と化している。

「ウチは全員野球だから、(ケガ人が)戻ってくるまで頑張るしかない」

 と話した大久保監督。これ以上、捕手がケガするようならば、現役復帰も視野に入れるべきかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る