嶋も骨折で楽天は“野戦病院” デーブ監督「現役復帰」あるか

公開日: 更新日:

「本当に今いるメンバーでやっていくしかない」

 楽天の大久保監督(48)が力なく言った。

 17日に正捕手嶋の左第7肋骨骨折が判明。13日の中日戦でファウルボールがわき腹に直撃し、当初は打撲と思われていた。それがまさかの骨折で、全治4~6週間だ。ただでさえ、2番手捕手の伊志嶺が12日に右足内転筋部分断裂で離脱。支配下の捕手は12球団最少の5人だっただけに、3番手以下の小関、小山に加え、慌てて高卒3年目の下妻を昇格させたほどだ。二軍にはもう昨オフに育成契約したベネズエラ人のセゴビアしかいない。

 ケガ人が捕手だけならまだ救いようもあったが、すでに主力の銀次が左足のケガで前半戦絶望。右手有鉤骨骨折を手術した枡田は全治2~3カ月と診断された。どこもかしこもケガ人だらけ、野戦病院と化している。

「ウチは全員野球だから、(ケガ人が)戻ってくるまで頑張るしかない」

 と話した大久保監督。これ以上、捕手がケガするようならば、現役復帰も視野に入れるべきかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る