• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

アイツは日本人力士なんだろ、ほら、テリの富士

投稿日:  更新日:

 ずいぶん前、なんとなく世の中の動きは知っているが記憶力が怪しくなっているジイサマ同士が病院の待合室で大声で会話していた。シドニーオリンピックの開会式で、最終聖火ランナーのことがニュースに大きく出た日だった。

「聖火台に火ぃつけたやつぁ、なんでもアボリジニだっちゅう話だ」

「なに?」

「アボリジニ」

「なんだそりゃ?」

「昔からオーストリアラに住んでるやつらしい」

「オーストリアラに住んでるんならオーストリアラ人だろ」

「オーストリアラ人じゃなくて、アボリジニだちゅうことだった」

「じゃアボリ人だろ」

「うんにゃ、テレビでアボリジニと言った」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る