松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

アイツは日本人力士なんだろ、ほら、テリの富士

公開日: 更新日:

 ずいぶん前、なんとなく世の中の動きは知っているが記憶力が怪しくなっているジイサマ同士が病院の待合室で大声で会話していた。シドニーオリンピックの開会式で、最終聖火ランナーのことがニュースに大きく出た日だった。

「聖火台に火ぃつけたやつぁ、なんでもアボリジニだっちゅう話だ」

「なに?」

「アボリジニ」

「なんだそりゃ?」

「昔からオーストリアラに住んでるやつらしい」

「オーストリアラに住んでるんならオーストリアラ人だろ」

「オーストリアラ人じゃなくて、アボリジニだちゅうことだった」

「じゃアボリ人だろ」

「うんにゃ、テレビでアボリジニと言った」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  9. 9

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る