松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

アイツは日本人力士なんだろ、ほら、テリの富士

公開日: 更新日:

 ずいぶん前、なんとなく世の中の動きは知っているが記憶力が怪しくなっているジイサマ同士が病院の待合室で大声で会話していた。シドニーオリンピックの開会式で、最終聖火ランナーのことがニュースに大きく出た日だった。

「聖火台に火ぃつけたやつぁ、なんでもアボリジニだっちゅう話だ」

「なに?」

「アボリジニ」

「なんだそりゃ?」

「昔からオーストリアラに住んでるやつらしい」

「オーストリアラに住んでるんならオーストリアラ人だろ」

「オーストリアラ人じゃなくて、アボリジニだちゅうことだった」

「じゃアボリ人だろ」

「うんにゃ、テレビでアボリジニと言った」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る