松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

栗山監督 ハンカチを使い続ける理由を教えてくれ!

公開日: 更新日:

 プロ野球をよく知る友人から聞いた話。

「北海道の球団は、広報もできるヒトを監督に選んでうまくいっている」

 なるほど。あたり障りのないコメントしか言わない他の監督と違って、臆せずによく考え、言葉を選び、広報の役割も果たしている。親会社のCMにゃ看板の大谷翔平と率先して出て歌まで歌っている。

「♪グループじゃない、チームなんだ、ひとつのチームなんだ」

 今まであまり前例のないチームカラーで、すがすがしいので、ここんところ贔屓にしてる。

 勝ったら選手を褒め、負けたら監督の責任と言い、笑顔で説明する。辛抱強く待つ姿勢もよろし。4番として結果が出なくても使い続けた中田翔の例と、二刀流でいくと決めたから打者としていくら三振が多くても使い続ける大谷翔平の例はいずれも“翔々”ハラハラするが、なんとか伸びているからよろし。広報も兼ねたトップは、きっちり説明責任を果たしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

もっと見る