日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

栗山監督 ハンカチを使い続ける理由を教えてくれ!

 プロ野球をよく知る友人から聞いた話。

「北海道の球団は、広報もできるヒトを監督に選んでうまくいっている」

 なるほど。あたり障りのないコメントしか言わない他の監督と違って、臆せずによく考え、言葉を選び、広報の役割も果たしている。親会社のCMにゃ看板の大谷翔平と率先して出て歌まで歌っている。

「♪グループじゃない、チームなんだ、ひとつのチームなんだ」

 今まであまり前例のないチームカラーで、すがすがしいので、ここんところ贔屓にしてる。

 勝ったら選手を褒め、負けたら監督の責任と言い、笑顔で説明する。辛抱強く待つ姿勢もよろし。4番として結果が出なくても使い続けた中田翔の例と、二刀流でいくと決めたから打者としていくら三振が多くても使い続ける大谷翔平の例はいずれも“翔々”ハラハラするが、なんとか伸びているからよろし。広報も兼ねたトップは、きっちり説明責任を果たしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事