• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

栗山監督 ハンカチを使い続ける理由を教えてくれ!

 プロ野球をよく知る友人から聞いた話。

「北海道の球団は、広報もできるヒトを監督に選んでうまくいっている」

 なるほど。あたり障りのないコメントしか言わない他の監督と違って、臆せずによく考え、言葉を選び、広報の役割も果たしている。親会社のCMにゃ看板の大谷翔平と率先して出て歌まで歌っている。

「♪グループじゃない、チームなんだ、ひとつのチームなんだ」

 今まであまり前例のないチームカラーで、すがすがしいので、ここんところ贔屓にしてる。

 勝ったら選手を褒め、負けたら監督の責任と言い、笑顔で説明する。辛抱強く待つ姿勢もよろし。4番として結果が出なくても使い続けた中田翔の例と、二刀流でいくと決めたから打者としていくら三振が多くても使い続ける大谷翔平の例はいずれも“翔々”ハラハラするが、なんとか伸びているからよろし。広報も兼ねたトップは、きっちり説明責任を果たしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る