新国立アーチ建設費950億円 なでしこ強化になぜ使わない?

公開日:  更新日:

 無用の長物と批判されるアーチと屋根だけで950億円もの建設費がかかる新国立競技場だが、カナダW杯で奮闘したサッカー女子日本代表の年間強化費はそのわずか500分の1である。

「2億円前後といわれていますからね。男子代表は20億円超。世界で結果を出し続けているにもかかわらず、男女格差は開く一方です。原資の大半になっているスポンサーからの拠出金が男子代表を目当てにしたものですから仕方ないとはいえ、女子は常に金銭的に汲々としているのが実情です」(サッカージャーナリスト)

 日本代表といっても、なでしこメンバーの大半は年俸300万円前後。海外クラブでプレーしている選手も同じようなもので、海外強化指定選手に支給されるシーズン中1万円の日当でなんとか生活している。今回のW杯でMVP候補にノミネートされたDF有吉佐織(27)のように、アマチュア契約で所属クラブからの収入がなく、フットサル場の受け付け業務をしながらプレーしている選手もザラである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る