W杯で“シンデレラ”に なでしこ宇津木と有吉に集まる熱視線

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンのカナダW杯準優勝メンバーで“名前と顔が売れた”選手といえば、大黒柱のMF澤穂希(36)からボランチのポジションを奪ったMF宇津木瑠美(26)、大会に入って右SBのレギュラーをつかんだ有吉佐織(27)の2人だろう。

 美人サッカー選手として人気急上昇の宇津木は、帰国した7日夜のスポーツ番組に出演。化粧バッチリの茶髪ロン毛で登場した。頭の回転も速いし、立て板に水の軽妙トークで「水商売でも売れっ子になる」と感じた関係者も少なくなかった。

 川崎市出身の宇津木は中学1年時、日テレ・ベレーザの下部組織メニーナに入団。05年になでしこ入りし07年W杯、08年北京五輪、11年W杯のメンバーに選ばれたが、いずれも出場機会が短く知名度はイマイチだった。

「10年に仏リーグ1部モンペリエに移籍。5シーズンをレギュラーとして過ごし、フランス語も過不足なく話せます。利き足は左。ボランチ、左サイドMF、左SBなど複数ポジションをこなせる。カナダW杯でボランチとして一本立ちし、今後はなでしこの主軸として期待されています」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る