W杯で“シンデレラ”に なでしこ宇津木と有吉に集まる熱視線

公開日:  更新日:

 なでしこジャパンのカナダW杯準優勝メンバーで“名前と顔が売れた”選手といえば、大黒柱のMF澤穂希(36)からボランチのポジションを奪ったMF宇津木瑠美(26)、大会に入って右SBのレギュラーをつかんだ有吉佐織(27)の2人だろう。

 美人サッカー選手として人気急上昇の宇津木は、帰国した7日夜のスポーツ番組に出演。化粧バッチリの茶髪ロン毛で登場した。頭の回転も速いし、立て板に水の軽妙トークで「水商売でも売れっ子になる」と感じた関係者も少なくなかった。

 川崎市出身の宇津木は中学1年時、日テレ・ベレーザの下部組織メニーナに入団。05年になでしこ入りし07年W杯、08年北京五輪、11年W杯のメンバーに選ばれたが、いずれも出場機会が短く知名度はイマイチだった。

「10年に仏リーグ1部モンペリエに移籍。5シーズンをレギュラーとして過ごし、フランス語も過不足なく話せます。利き足は左。ボランチ、左サイドMF、左SBなど複数ポジションをこなせる。カナダW杯でボランチとして一本立ちし、今後はなでしこの主軸として期待されています」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る