拙攻の阪神にタナボタ勝利献上した中日・福谷の“迷投”

公開日: 更新日:

 阪神は9日の中日戦で延長十一回のサヨナラ勝ち。お立ち台には決勝のホームを踏んだ上本が選ばれたが、本当の「ヒーロー」は、敵軍の右腕・福谷だろう。

 十一回からマウンドに上がったが、とにかくストライクが入らない。全17球中ストライクゾーンに投げたのはたったの2球。先頭の上本を筆頭に3人に四球を与えて満塁のピンチを迎えると、マートンへの初球ストレートが大きく右にそれ、捕手が捕りきれずにパスボールとなって、三塁走者の上本が生還した。

 阪神は12安打を放ちながら、あと1本が出ない苦しい展開だった。まるで八百長みたいなタナボタ勝利で同一カード3連敗を免れ、勝率5割に復帰。和田監督も笑いが止まらないはずだ。

 もっとも、この試合で現在導入が検討されている「野球くじ」をやっていたら、中日を買っていた連中は暴動を起こすに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  4. 4

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    小池氏“地元”池袋で有力者と集会出席…選挙優先で支持固め

もっと見る