2000本安打の中日・和田が“凱旋”も…歓声、のちタメ息

公開日:  更新日:

 祝福ムードは最初だけだった。

 岐阜の長良川球場で行われた23日のヤクルト戦の試合前、11日のロッテ戦で2000安打を達成した地元出身の中日・和田一浩(43)に花束が渡された。

 おらが町のヒーローの凱旋に球場は大いに沸いたが、試合は中日が3-5で逆転負け。失策がらみでひっくり返される後味の悪い敗戦だった。

 しかも、6番・左翼でスタメン出場した和田が1安打こそしたものの、六回の無死一、二塁の好機に併殺打。同じく地元出身の先発・岩田も4回2失点で早々とKOされるなど、岐阜の中日ファンには残念な試合になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る