日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2000本安打の中日・和田が“凱旋”も…歓声、のちタメ息

 祝福ムードは最初だけだった。

 岐阜の長良川球場で行われた23日のヤクルト戦の試合前、11日のロッテ戦で2000安打を達成した地元出身の中日・和田一浩(43)に花束が渡された。

 おらが町のヒーローの凱旋に球場は大いに沸いたが、試合は中日が3-5で逆転負け。失策がらみでひっくり返される後味の悪い敗戦だった。

 しかも、6番・左翼でスタメン出場した和田が1安打こそしたものの、六回の無死一、二塁の好機に併殺打。同じく地元出身の先発・岩田も4回2失点で早々とKOされるなど、岐阜の中日ファンには残念な試合になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事