MLB球宴先発投手決定 勝ち星、防御率トップ2人が投げ合い

公開日:  更新日:

 豪華な投げ合いが実現する。

 大リーグ機構(MLB)は13日、オールスター(14日、シンシナティ)に先発するア、ナ両リーグの先発投手を発表。アはアストロズの左腕ダラス・カイクル(27)、ナはドジャースの右腕ザック・グリンキー(31)。

 カイクルは19試合に登板してリーグトップタイの11勝4敗、防御率2.23をマーク。ア・リーグ西地区でエンゼルスと首位争いを演じるチームの快進撃を支えた。

 一方のグリンキーは18試合で8勝2敗と白星に恵まれないが、防御率1.39とメジャーの先発投手では唯一の1点台。11本塁打を浴びるなど不安定だったエース左腕カーショウ(6勝6敗、防御率2.85)に代わってドジャース投手陣を牽引した。

 ともにメジャーを代表する投手とはいえ、実績が違うだけに年俸の格差は歴然。グリンキーは12年オフに6年総額1億4700万ドル(約181億円)で契約延長。今季の年俸は2300万ドル(約28億円)。契約には今季終了後には自ら契約を破棄してFAを選択できる特別条項が盛り込まれている。

 今季メジャー3年目のカイクルは最低保証の50万7500ドル(約6300万円)。今季終了後にようやく年俸調停の権利を得る。

 過去の実績、年俸ではグリンキーに軍配が上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る