• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同組はスピース、主催者もマーク…全英OP松山を襲う“逆風”

 16日に開幕する全英オープンゴルフの予選ラウンドで、松山英樹(23)は、4月のマスターズと6月の全米オープンでメジャー2連覇中のJ・スピース(21)と同組(スタート午前9時33分=日本時間午後5時33分)になった。もう一人は全米オープン2位のD・ジョンソン(31)が入る。

 今大会は連覇を目指すR・マキロイ(26)が左足の靱帯断裂により欠場。スピースのメジャー3連勝にファンの注目が集まるが、意外にもスピースは格下の松山を意識しているという。米ツアー記者がいう。

「スピースはこれまでメジャーで何度かヒデキと回っている。13年、14年の全米オープン予選で同組だった。でも、一番印象に残っているのは日本の(ダンロップ)フェニックスという試合だと思う。あの時はヒデキと4日間同組で回り、1打差で負けた。ヒデキの強さを認める一方で、すごく悔しがっていた。その後、マスターズと全米オープンに勝って世界の頂点に立った。その立場で今回ヒデキと回る。上に立つほどこれから伸びてきそうな若手をたたいておきたい。スピースはヒデキより年下だが格は上。そんな意識を持っているのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る