• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【全英オープン】松山は初日64位 深刻パット不振で出遅れ

【全英オープン】(セントアンドルーズ・オールドC・7297ヤード・パー72)

 今季メジャー連勝中のJ・スピース(21)と、全米オープン2位のD・ジョンソン(31)と同組でスタートした松山英樹(23)。全英は3年連続3度目の出場で、13年大会は6位。今年のマスターズでは5位とメジャーで好成績を残しているだけに期待がかかった。

 風が穏やかだった現地午前9時33分スタートで、ジョンソンは7アンダー単独首位。スピースは5アンダー8位タイと上位につけたが、松山は好条件を生かせずにイーブンパー64位タイと出遅れた。

「パッティングが6番あたりから全然入らなくなって、修正できなかった。あまりにも入らなくて途中から自信がなくなっていろいろ考えたけど、最後まで自信を持って打つことができなかった。微妙な距離を先に全部入れられて、入れ返す力がなかった」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る