【全英オープン】松山は初日64位 深刻パット不振で出遅れ

公開日: 更新日:

【全英オープン】(セントアンドルーズ・オールドC・7297ヤード・パー72)

 今季メジャー連勝中のJ・スピース(21)と、全米オープン2位のD・ジョンソン(31)と同組でスタートした松山英樹(23)。全英は3年連続3度目の出場で、13年大会は6位。今年のマスターズでは5位とメジャーで好成績を残しているだけに期待がかかった。

 風が穏やかだった現地午前9時33分スタートで、ジョンソンは7アンダー単独首位。スピースは5アンダー8位タイと上位につけたが、松山は好条件を生かせずにイーブンパー64位タイと出遅れた。

「パッティングが6番あたりから全然入らなくなって、修正できなかった。あまりにも入らなくて途中から自信がなくなっていろいろ考えたけど、最後まで自信を持って打つことができなかった。微妙な距離を先に全部入れられて、入れ返す力がなかった」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る