日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【全英オープン】松山は初日64位 深刻パット不振で出遅れ

【全英オープン】(セントアンドルーズ・オールドC・7297ヤード・パー72)

 今季メジャー連勝中のJ・スピース(21)と、全米オープン2位のD・ジョンソン(31)と同組でスタートした松山英樹(23)。全英は3年連続3度目の出場で、13年大会は6位。今年のマスターズでは5位とメジャーで好成績を残しているだけに期待がかかった。

 風が穏やかだった現地午前9時33分スタートで、ジョンソンは7アンダー単独首位。スピースは5アンダー8位タイと上位につけたが、松山は好条件を生かせずにイーブンパー64位タイと出遅れた。

「パッティングが6番あたりから全然入らなくなって、修正できなかった。あまりにも入らなくて途中から自信がなくなっていろいろ考えたけど、最後まで自信を持って打つことができなかった。微妙な距離を先に全部入れられて、入れ返す力がなかった」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事