【全英オープン】松山は初日64位 深刻パット不振で出遅れ

公開日:  更新日:

【全英オープン】(セントアンドルーズ・オールドC・7297ヤード・パー72)

 今季メジャー連勝中のJ・スピース(21)と、全米オープン2位のD・ジョンソン(31)と同組でスタートした松山英樹(23)。全英は3年連続3度目の出場で、13年大会は6位。今年のマスターズでは5位とメジャーで好成績を残しているだけに期待がかかった。

 風が穏やかだった現地午前9時33分スタートで、ジョンソンは7アンダー単独首位。スピースは5アンダー8位タイと上位につけたが、松山は好条件を生かせずにイーブンパー64位タイと出遅れた。

「パッティングが6番あたりから全然入らなくなって、修正できなかった。あまりにも入らなくて途中から自信がなくなっていろいろ考えたけど、最後まで自信を持って打つことができなかった。微妙な距離を先に全部入れられて、入れ返す力がなかった」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る