ヘルマン退場で縞田が大活躍 オリに助っ人なんかいらない

公開日: 更新日:

「とにかく打ててよかったです」

 試合後、こう言って喜びを爆発させたのが、20日の西武戦で途中出場ながら先制打を含む3打数2安打1打点の活躍を見せたオリックス・縞田拓弥(28)だった。

 この日はベンチスタートだったものの、「1番・三塁」で先発出場したヘルマンが、初回の第1打席の見逃し三振の判定に不満を抱き、審判に接触。これが暴力行為とみなされ、退場処分となった。そんな助っ人の代役として二回から出場した縞田がヒーローになったのだから、ヘルマンも立つ瀬がないだろう。

 今季のオリックスはオフにブランコ、バリントン、カラバイヨを獲得したばかりか、シーズン中も独立リーグ・群馬のチャベスを補強。昨年から所属するヘルマン、マエストリ、ディクソンを加えると、助っ人は計7人に膨れ上がっている。にもかかわらず、シーズンを通して活躍しているのは8勝を挙げているディクソンだけだ。

 昨季は鉄壁の守備と機動力を生かした日本人中心のチーム構成でリーグ2位に躍進したオリックス。このチームに余計な助っ人は不要かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    コロナ対策の意識の違い…腹を立てるなら無策の政府にだろ

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

もっと見る