• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打球直撃のオリ丸毛が引退…道具進化でボールは“凶器”にも

「悩んだ末に引退を決断しました。今はすっきりした気持ちです」

 2日に現役引退を発表したオリックスの外野手、丸毛謙一(26)。2月に春季キャンプで打球が頭を直撃。「急性硬膜外血腫」と診断され、開頭手術。術後も頭部に強い衝撃を受ければ命にも関わる状況だった。

 打球によるケガはプロ野球につきもの。技術の進歩と共にバットの質も向上し、打球速度も昔とは比べものにならなくなった。丸毛は練習中、外野の守備位置に向かう際にワンバウンドの打球が側頭部に当たった。ワンバウンドでもこれだけの大ケガをするのだから、打者との距離が近い投手はたまったものではない。

 ホームベースからマウンドまでの距離は18.44メートルだが、投球時に踏み出せばそれだけで軽く1メートルは短くなる。フィニッシュ後に捕球体勢に入っていなければ体に向かってくる打球をまともに食らう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る