打球直撃のオリ丸毛が引退…道具進化でボールは“凶器”にも

公開日: 更新日:

「悩んだ末に引退を決断しました。今はすっきりした気持ちです」

 2日に現役引退を発表したオリックスの外野手、丸毛謙一(26)。2月に春季キャンプで打球が頭を直撃。「急性硬膜外血腫」と診断され、開頭手術。術後も頭部に強い衝撃を受ければ命にも関わる状況だった。

 打球によるケガはプロ野球につきもの。技術の進歩と共にバットの質も向上し、打球速度も昔とは比べものにならなくなった。丸毛は練習中、外野の守備位置に向かう際にワンバウンドの打球が側頭部に当たった。ワンバウンドでもこれだけの大ケガをするのだから、打者との距離が近い投手はたまったものではない。

 ホームベースからマウンドまでの距離は18.44メートルだが、投球時に踏み出せばそれだけで軽く1メートルは短くなる。フィニッシュ後に捕球体勢に入っていなければ体に向かってくる打球をまともに食らう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る