打球直撃のオリ丸毛が引退…道具進化でボールは“凶器”にも

公開日: 更新日:

「悩んだ末に引退を決断しました。今はすっきりした気持ちです」

 2日に現役引退を発表したオリックスの外野手、丸毛謙一(26)。2月に春季キャンプで打球が頭を直撃。「急性硬膜外血腫」と診断され、開頭手術。術後も頭部に強い衝撃を受ければ命にも関わる状況だった。

 打球によるケガはプロ野球につきもの。技術の進歩と共にバットの質も向上し、打球速度も昔とは比べものにならなくなった。丸毛は練習中、外野の守備位置に向かう際にワンバウンドの打球が側頭部に当たった。ワンバウンドでもこれだけの大ケガをするのだから、打者との距離が近い投手はたまったものではない。

 ホームベースからマウンドまでの距離は18.44メートルだが、投球時に踏み出せばそれだけで軽く1メートルは短くなる。フィニッシュ後に捕球体勢に入っていなければ体に向かってくる打球をまともに食らう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る