東アジア杯代表入り “じゃないほう”の浦和・武藤って誰だ?

公開日: 更新日:

「自分は『もうひとりの武藤じゃない方の』武藤です」

 こんな自虐ギャグを“持ちネタ”にして笑いを取っていたJリーガーが、ハリルホジッチ日本代表のキープレーヤーになった。

 23日に発表された「東アジア杯」(中国・武漢=8月2日開幕)の代表メンバー23人に入った浦和FW武藤雄樹(26)のことである。

 今季Jリーグ開幕前、仙台から移籍した武藤は、新天地の浦和でプレーするようになってもブレークしない選手だった。というのも、同じ「武藤」でも、英プレミアリーグの名門チェルシーから誘われ、ドイツ・ブンデスリーガのマインツに移籍したFC東京FW武藤嘉紀(23)の陰に隠れ、なかなか知名度が上がらなかったからである。

「経歴的にも、今年3月までイケメン現役慶大生だったマインツ武藤とは違って地味のひと言。神奈川・武相高から流通経済大を経て11年に仙台入り。14年までの4シーズンで70試合出場6得点。オフに浦和からオファーが仙台に入り、伝えられた武藤自身も半信半疑だったし、武藤がチームメートや知人に『関東のチームから誘われた。どこか分かる?』と聞いても、誰もがJ2クラブの名前を挙げ、浦和といっても冗談にしか思われなかった」(サッカー専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る