全敗もある「東アジア杯」 なでしこ佐々木監督が笑顔の理由

公開日: 更新日:

 8月1日に中国・武漢で開幕する「東アジア杯」の日本女子代表なでしこジャパン23人が21日、発表された。

 カナダW杯メンバーから選ばれたのはGK山根、DF田中、北原、MF上尾野辺、川村、FW菅沢の6人。欧州組、DFの鮫島や有吉、MFの宮間や阪口といった国内組主力も選出されず、19歳MF増矢、代表初招集の20歳DF村松などフレッシュな顔ぶれに。23人の中で代表10試合以下は17人。そのうち初招集4人、代表出場1試合が7人。大胆な若手主体の構成だ。

 メンバーは27日から国内合宿を行い、8月1日に北朝鮮戦、4日に韓国戦、8日に中国戦をこなし、2大会ぶりの優勝を狙う。佐々木監督が若手を抜てきしたのはなぜなのか。

「カナダW杯で中国は8強に、韓国は16強に入り、北朝鮮も地力のあるチーム。なでしこの3戦全敗の可能性もあるし、そうなると佐々木監督への風当たりは強くなる。だが、佐々木監督が若手を抜てきできたのは、東アジア杯惨敗でも解任されることがないからです。佐々木監督とサッカー協会との契約は8月末日まで。しかし、カナダW杯決勝進出が評価され、来年8月のリオ五輪まで1年間、延長されることが内定しているのです」(サッカージャーナリスト)

 道理で会見で笑顔をふりまいていたワケだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る