全敗もある「東アジア杯」 なでしこ佐々木監督が笑顔の理由

公開日:  更新日:

 8月1日に中国・武漢で開幕する「東アジア杯」の日本女子代表なでしこジャパン23人が21日、発表された。

 カナダW杯メンバーから選ばれたのはGK山根、DF田中、北原、MF上尾野辺、川村、FW菅沢の6人。欧州組、DFの鮫島や有吉、MFの宮間や阪口といった国内組主力も選出されず、19歳MF増矢、代表初招集の20歳DF村松などフレッシュな顔ぶれに。23人の中で代表10試合以下は17人。そのうち初招集4人、代表出場1試合が7人。大胆な若手主体の構成だ。

 メンバーは27日から国内合宿を行い、8月1日に北朝鮮戦、4日に韓国戦、8日に中国戦をこなし、2大会ぶりの優勝を狙う。佐々木監督が若手を抜てきしたのはなぜなのか。

「カナダW杯で中国は8強に、韓国は16強に入り、北朝鮮も地力のあるチーム。なでしこの3戦全敗の可能性もあるし、そうなると佐々木監督への風当たりは強くなる。だが、佐々木監督が若手を抜てきできたのは、東アジア杯惨敗でも解任されることがないからです。佐々木監督とサッカー協会との契約は8月末日まで。しかし、カナダW杯決勝進出が評価され、来年8月のリオ五輪まで1年間、延長されることが内定しているのです」(サッカージャーナリスト)

 道理で会見で笑顔をふりまいていたワケだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る